« すばるSハズレ馬券解説、ってショボッ! | トップページ | 佐賀記念、当たっただけ馬券解説 »

2006年2月12日 (日)

きさらぎ賞&ダイヤモンドSハズレ馬券解説

 うーむ、陳腐な表現やが戦ってきた相手が強かったって事か。
_001  きさらぎ賞のドリームパスポート。
 狙いはあまりにもパドックが良く見えたタニノベリーニから。
 前走みたいにマクって来れるのなら外差しで決まっても良いんじゃないかなって思って狙った。勝ち方が鮮やかやったし、負かした相手も良血馬のテューダーローザやしハッキリ言ってこの程度のメンバーならば勝ち負けになってもおかしくないと思ったが、この馬が勝つ方がおかしかったです。ブービー敗退。それにしても外ふくらみすぎやろ! 反省。
 ドリームパスポートの勝ち方だけが際だったレースでした。
 道中ケツから2番手でタニノベリーニより後ろに居たのに、直線向いたら上手く立ち回って真ん中から溜めにに溜めて末脚爆発。
 正直、追い切り本数が足りないことから「この程度のメンバー」に括ってしまってたけど、どうしてどうして。クラッシックでも穴候補でしょ。どこかもう一走使うのなら楽しみですね。アンカツも嬉しい悲鳴上げてることでしょう、ちなみに印的には単穴でした。勝ちタイムもレープロに載ってるここ8年でも一番早い。いやー、強かった。
 で、ワタシが対抗評価にしたのは、追い切りメチャメチャ良かったディープエアー。でもこれでもこの程度の成績ならば今後買うことはないです。見切り。
 メイショウサムソンは追い切りも馬がデカそうやったし、案の定また馬体重増えて出てきた。なので軽視。しかしあの流れで2着に来るんやから力はある。けど、ドリームパスポートとフサイチリシャールとの力関係で、ちょっと底が見えたかな。
 マイネルスケルツィは安部幸で一発と思ったが3着は上出来じゃない? これは先が楽しみです。
 しかし我がタニノベリーニがあまりにもレースに参加してくれなかったので声も出ないレースでした、ちゃんちゃん。

_002  続いてちょっと納得のいかないダイヤモンドS。
 本命は大外でもトウカイトリック。陣営の直線入り口では必ず先頭に立つ、様なこと言ってたので信じて買った。
 相手はハイアーゲーム。前走の内容から内田Jも2度目やし、左回りやし、馬体重も少しやが減ってきたし。
 単穴でマッキーマックス、藤田Jが選んだことでもこの馬でしょ。
 白がフサイチアウステルに爆穴でアンドゥオール。
 で、何が納得いかないかと言うと、2週目の3角から4角にかけてのマッキーマックスの無理仕掛け(の様に見えた)。
 最初にレース見てた時に、トウカイトリックがつまずいてのめったのが見えた。そんで押せ押せで行ったので、手応え悪いんかと思った。で、最後は何で内ラチに貼り付いてたのに大外から飛んでくるの? が、よく分からんかったが、パトロ-ル映像見て分かった。
 マッキーマックスが進出した時にちょっと強引にトウカイトリックのポジション奪ったように見えた。で、のめって立て直したものの前に隙はなく、仕方なく仕掛けて大外に持ち出して直線強襲したものの届かずの3着が真相じゃないでしょうか。
 確かに大外枠で出負けしてレースプランは狂ったかもしれんが、あのまま割り込まれることなかったらマッキーマックスの競馬をしてたのはトウカイトリックやったと思う。ちょっとワタシ的に後味悪い、が、まぁいい。マッキーマックスも好きな馬やから。
 情けないのはフサイチアウステルとハイアーゲーム。フサイチはやはりこんなに距離が延びて良い馬ではないし、騎手も乗れてない(ワタシ的に近年のペリエは勝てる馬でしか勝たん、マジックのない騎手やと思ってる)。
 ハイアーゲームも早めに先頭に立ったはいいが、そこから先が伸びんかった。やっぱ太いのか終わってるのかどっちかでしょう。もう一回ユタカJに乗ってもらってダメやったら終わりでしょう。ローカルで稼いでもらいたい。
 ふぅー、こんなとこでも自分の鬱屈を述べたので多少はスッキリした。
 3年前のきさらぎ賞で勝てなかった馬が3年後にきさらぎ賞のある日に初重賞制覇、レコード勝ちはどうでもいいけど(笑)良かった良かった、ってことでいいか。

 本日:1勝8敗▲15300円/21500円 やっぱりよくねぇ、っつーの!

 今日の唯一の当たり馬券はガチガチの京都9R、シーキングザベストの馬単だけでした。
 しかし今日も東京では関西馬が席巻してたよなぁ。9Rもレッドバースピンが勝つし(馬券はスズカボスでハズした、2着に関東馬ってのが最近多い傾向)、なら10Rの関西馬は、と見ると一頭出てるがな!しかしハートランドヒリュなんですよねー(爆)。こりゃ買えん。
 小倉はメインにラバンディエーラが出るので応援馬券買おうと思って9Rから見てたが、こりゃ当たらんねぇ。タッソーニー、って何処の馬の骨やねん。あ、馬か。10Rも思いっきり差しが決まってたのでラバンディエーラの末脚炸裂もあるかと思ったけど見せ場なく、勝ったのがレオダニス。こんな馬見たことも聞いたこともないわ。なのに最終Rではミキノマーベラスが圧倒的に逃げ切って勝った。小倉は訳分からん。買わんのが正解、一発狙いたい人にはオススメってとこか。
 けんどアンカツの10Rからの3連勝には参った。サワノブレイブもインペリアルパワーもみなアンカツにやられた。
 怖いジョッキーがいよいよ本調子になってきた。来週は何に乗るんやろ? フェブラリーも台風の目かもね。

 さぁ、いよいよ今年初のG1、G1馬だけでも何頭居るねん、みたいな強烈なメンツ。何から行くのかじっくり追い切り見させてもらいます。今日はこんなところで…。

|

« すばるSハズレ馬券解説、ってショボッ! | トップページ | 佐賀記念、当たっただけ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8624828

この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞&ダイヤモンドSハズレ馬券解説:

« すばるSハズレ馬券解説、ってショボッ! | トップページ | 佐賀記念、当たっただけ馬券解説 »