« 京都記念&クイーンCハズレ馬券解説 | トップページ | 尼崎市市役所食堂 »

2006年2月19日 (日)

フェブラリーS、獲りガミ馬券解説

 クロフネで見た夢をカネヒキリで叶えてもらいたい、そう思わせる強さでした。
 JCダートの覇者は距離短縮のスピード勝負でも圧巻の勝ちっぷり、お見事。

_004  そのフェブラリーS。
 レースは終わってみれば1頭次元の違う強さやったけど、レース前までは正直どれが勝ってもおかしくない、って皆思ってたと思う。ワタシももちろんその一人。
 ですので多少消極的ながら馬連5頭BOX。
 追い切り絶好で静かなる闘志を秘めてるように見えたユートピア。
 落鉄でも上がり35秒3! ヴァーミリアン。
 ええ加減、G1勝たせてやってもいいでしょ、シーキングザダイヤ。
 馬体も絞れて完璧、ブルーコンコルド。
 そして成長分は如何に? カネヒキリ。
 この5頭で1~5着を占めた訳やから5連複があったら劇的に当たってます(爆)。
 で、本当の狙いは下段、ブルーコンコルドからの馬単。ここではタイムパラドックスもタガノゲルニカも押さえてある。
 リミットレスビッドはここで勝てる馬ではないし人気しすぎ。タイキエニグマは出遅れが怖い、現にやった。スターキングマンはワタシ的にはまだまだ。サカラートも旬を過ぎた感あり。アジュディミツオーは2000mならばハナ切って自分の競馬が出来るやろうが、ここではスピードの質が違う、よってバッサリ。メイショウボーラーはあの一件で買えん。サンライズバッカスは騎手で消し。
 レースは思った通りメイショウボーラーが逃げた、しかし誤算としてはトウショウギアが引かなかったこと。あれでメイショウの勝ちは完璧になくなった。共倒れになるの分かってるんやから藤田Jも何とかせんかい、前半の1000mを57秒4ではなぁ。
 最初、ブルーコンコルドが絶好のポジション取ってたから、こりゃ勝ったな、ってほくそ笑んだ。
 直線入ってカネが進出して同時に押せ押せのいつもの手応えでブルコンも進出。
 けど直線で先に抜けたカネが前のシーキングとユートピアに馬体を併せちゃったので、ブルコンの進路が無くなった。思い切って最内に入れるも最後伸びを欠き4着敗退。距離の壁もあったかしれんが、もっとスムーズなら2着はあっても良かったんじゃないでしょうか。
 そして悔しかったのはユートピア。アンカツ、そこを差してくれてたらかなり良い配当やったのによぉ。
 JCダートからこの3馬身は想像できんかった。やはり伸びしろがあったってことか、カネヒキリ。サンライズバッカスとはえらい違いや。
 全着順的にも終わってみれば妥当な結果じゃなかったでしょうか。
 ドバイがマジで楽しみになってきたよ。

 結果:660円×500円=3300円  ショボ!!!

 しかし今日は何ともいえんレースばっかでした。
 まずはアンカツJ。先週の絶好調さはどこ行った? 今日なんか全然ダメダメやん。
 東京9RのヒヤシンスS、フラムドパシオンの相手はこれやろ、と狙ったマルブツリード。あの位置で届く訳ない。
 続く10RのアメジストS、タガノデンジャラス。ケツから行って大外ブン回して勝てる訳ない。
 で、フェブラリーは人気の割によく走らせたのを誉めるべきやとは思うが、そうはいかん。何せG1を4勝してる馬、2着に持ってきてもらわんとあかんがな。
 東京の最終の甲斐駒特別は勝てる関西馬を探したらトップハンデでもウインディグニティに行き着いた。4点買ったが、その内に惜しくも3着のミュゲドボヌールも入ってた。でかいでかいクビ差負けで万馬券パー。しかしユーイチJ、フェブラリーの汚名をすぐさま返上した訳やから意地は見せた、ナイス騎乗。
 続いては京都の9Rつばき賞と10R琵琶湖特別。何が言いたいかというと、藤岡Jも生野Jも若いのにつまらんレースメイクすんな!!!ってこと。馬を押さえて押さえて押さえ込んで逃げて、見てて全然つまらんレースにしよる。藤岡J、結果は勝ったけど、あんなレースでは2着のフィールドベアーの将来性を買いたい(ここから買って負けたから言ってる訳じゃないんですよ・笑)。
 10Rはたまりかねて秋山Jが行ってくれてレースを動かしたんでまだ見応えあったけど、フェブラリーSのメイショウボーラーの逃げとは全く意味合いが違う。ちまちました競馬は見ててしらける、一考してもらいたいもんです。
 ま、その10Rは獲ったから良いんですけど(笑)。
 メインの斑鳩Sはこりゃ当たらんかったが、ニホンピロキース、熊沢J、最後方からいつの間にか先頭に立とうとしてたのには驚いた。見事なもんです。
 で、最終Rは馬単の裏喰らわされたと。
 結構いい線突いてたのに結果が出なかった。
 来週から阪神開催やし気分一新で行こう!

 本日:2勝6敗▲13200円/28500円

 う~ん、じわじわ負けてるなぁ。
 しかしフラムドパシオンも予想以上に強かったし、本当にドバイが楽しみになってきた。
 ダートで世界制覇、悪くない、いや良い(笑)。
 今日は清々しい負けってことにしとこう。
 来週はこうはいかんぞ、貯まってるJRA貯金を下ろさせてもらうぞ!
 
 
 

|

« 京都記念&クイーンCハズレ馬券解説 | トップページ | 尼崎市市役所食堂 »

コメント

日月さん、1週間のご無沙汰でした^^
私としてはユートピア買ってなかったので、むしろホッとしました…^^;
なにはともあれ、ドバイが楽しみになる結果。来週から開催場所も変わるので、お互いに気分一新といきたいですね!

投稿: いちご一恵 | 2006年2月19日 (日) 22時11分

こんなにイマイチな天気で初の春の阪神開催なんて嘘みたいな気もしますが、ナマ馬見てビシバシと的中させさせたいと思います。
きっと羨ましいくらいの馬券を当ててることでしょう(笑)。

投稿: 日月 | 2006年2月19日 (日) 22時26分

日月さん、体調いかがですか。
カネヒキリは本物でしたね、脱帽です(笑)。
私としては、正直なところやや半信半疑だったブルコン・・・。
そうですか、日月さんはブルコン狙いでしたか。
惜しかったけど、能力は見せましたよね。

投稿: じんぺい | 2006年2月20日 (月) 18時16分

じんぺいさん、こんばんはー。
体調そんなに良くなってません(笑)。
カネヒキリ本物でしたねぇ、飛ばそうと考えてたワタシはフルーツポンチより甘い!←何のこっちゃ。
ブルコン、あの集団に食らいついたということで、まぁ負けても納得してます。
でも来週からは勝ちますけどね。

投稿: 日月 | 2006年2月20日 (月) 20時42分

カネヒキリがあれだけ強かったとは・・・(ーー;)しかし、豊先生!そんなにG1勝たないで下さい。

投稿: 魔神 | 2006年2月21日 (火) 20時01分

確かに。
けど、今年は3冠馬は居ないのでそうそう勝てないのではないでしょうか。
牝馬のお手馬も居ないですしね。
しかし他の騎手にはもう少し何とかして欲しいですよね。

投稿: 日月 | 2006年2月21日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8738657

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS、獲りガミ馬券解説:

» 夢はドバイへ(フェブラリーS・回顧) [いちご一恵の勝ち馬日和]
今日は、冬のダート王決定戦・フェブラリーステークス。今年に入り、タガノゲルニカや [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 22時08分

« 京都記念&クイーンCハズレ馬券解説 | トップページ | 尼崎市市役所食堂 »