« きさらぎ賞&ダイヤモンドSハズレ馬券解説 | トップページ | フェブラリーS追い切り「私見」 »

2006年2月13日 (月)

佐賀記念、当たっただけ馬券解説

saga  ううむ、当たっただけのレースになってしまった、統一G3佐賀記念。
 ドンクールから行くのは決まってた。ここんとこいつ走るか分からんムラ馬になっちゃったけど、きっかけさえあればヴァーミリアンの2着に来たように力はある訳やから、ユーイチJ、やってくれるやろうと思った。
 問題は相手。最初は対抗にマイネルボウノット、単穴バンブーボカ、これだけでいいやと思ってた。
 で、携帯で購入するもエラー発生。よく見るとバンブーボカ取り消してた。あっちゃー、である。
 流石に一点買いする根性はないので、同じ九州、小倉の鬼が佐賀まで出張っても良いだろう(っつーか、他に買う馬居ないでしょう?)、ってことでメイショウカイドウを急遽買い目に入れた。
 とはいえドンクールは2着も十分あり得ると思い、連でも押さえた。
 レースは地元の8歳馬オンユアマークが思い切ってハナ行った。前走勝ってるとはいえ佐賀やからなぁ、と甘く見ていたら、どうしてどうして、勝負所では1・2着馬に交わされたが4着のノボトゥルーに2馬身差やから誠にアッパレ(しかしノボトゥルーは恐るべき10歳馬や)。地元勢がこういうふうに頑張ると地元も盛り上がるし、交流の意味がある。JBCクラッシックのレイナワルツみたいにね。
 そんな佐賀記念を制したのは2番手から力強く抜け出したマイネルボウノット。4馬身差の快勝。
 2着がドンクール。3角手前くらいから先にメイショウカイドウがマクって行ったが、その後からあっさり追い抜いて先頭集団に取り付くも、道中の位置取りが悪かったか、ここまで。もっと前で競馬出来てたら、と惜しい競馬。でも次に繋がるレースやったと思う。
 メイショウカイドウはやはりダート9戦1勝が示す通り、あんなにあっさりドンクールに置いてかれたのはダートは不向きってことでしょう。

 結果:320円×500円=1600円
 本日:1勝0敗▲1400円/3000円

 これって1勝って入れてもええんかいな、1400円負けとるがな。
 ま、とりあえず的中ってことで。

 話は全然変わって、トリノオリンピックの女子モーグルの上村愛子選手。「コークスクリュー720」って素人目で見てもメチャクチャ凄い、けど5位かぁ。採点の基準がよう分からん。
 ジャンプの原田選手、「勘違い」ではすまんでしょー!
 更に変わって、ラグビー全日本選手権。トヨタに勝つなんて早大凄すぎ! 学生が社会人に勝つなんていつ以来や? 
 まだまだ寒いけど、スポーツ界は熱いようです。

|

« きさらぎ賞&ダイヤモンドSハズレ馬券解説 | トップページ | フェブラリーS追い切り「私見」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8642572

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀記念、当たっただけ馬券解説:

» きさらぎ賞・ダイヤモンドS Ⅱ [フレンチブルドック・競馬・年収300万・・・そんな感じの日記]
ダイヤモンドステ-クス GⅢ 勝ち馬 マッキ-マックス 鞍上 藤田伸二 仕事の為 [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 22時07分

« きさらぎ賞&ダイヤモンドSハズレ馬券解説 | トップページ | フェブラリーS追い切り「私見」 »