« 今日は騎手の腕でしょ! アーリントンC、ハズレ馬券解説 | トップページ | 2月の収支 »

2006年2月26日 (日)

ミキオJ、お疲れ様でした! 阪急杯&中山記念ハズレ馬券解説

 今日は何と言うか非常に清々しくも寂しい、そんな一日でした。好漢、松永幹夫Jの引退。
re-puro  もうレープロからして格好良い! 持ってない方の為に画像上げときます。
 言わずと知れた去年の天皇賞の馬上礼のシーンです。20世紀はともかく21世紀になってこのかた、レースのカタルシスとは別にここまで感動したシーンをワタシは知らん。
 
 朝から豪雨が降り続き、外出ていくのも嫌になるような中、ミキオJの最後の日が始まった。
 1400勝まであと2勝、1400勝にはこだわってないかも知れないけど、ファンの期待には応えたいって思ってるのがミキオJやと思う。
 そういうのが分かるだけに、こちらとしても何としても勝って満面の笑顔を見てみたい。
 しかし2Rはもろに行った行ったにやられて7着敗退、続く3RはアンカツJ、手を抜くことなく9馬身差の2着。
 で、ワタシ的に注目してたのは6R、ここで勝たないと後がないと思ってた所、柴山Jを捕まえきれずまたもや2着惜敗。
 9Rのナイキアースワークはそもそも力が足りない、10Rは騎乗馬がないし、いくら12Rは確勝級とはいえ、メインの阪急杯がブルーショットガンではなぁ、とおそらく誰もが思ってたと思う。単勝3800円なんてご祝儀馬券じゃないと買えないよ。
 ところがレースでは先頭集団の後ろに付いて、直線で一気に弾けて昇り馬のコスモシンドラーを完封、ブルーショットガンが坂駆け上がってきた時はあまりの感動に足が震えた。
 ここで1400勝にリーチをかけたが、逆に12Rはそれがプレッシャーになりはしないかと思ったが、最後の騎乗という舞台にも関わらずアッサリ勝った。
 やはり1400勝もするジョッキーはただ者じゃない、ミキオJにも特別な力が備わってました。
 見事なまでに主役の舞台を作って幕引きまでして見せたそのスマートな格好良さにいくら賞賛の声を送っても足りることはないでしょう。
 阪急杯のレース後のコメントで「競馬の神様が降りてきてくれた」、って言ってたのを聴いたが、それを呼び込んだのもミキオJの力です。
 最終Rのグリーンチャンネルの放送、今見てたけどアナウンサーが「最後の最後も格好良く飾ってくれた!」って言ってた。月並みな表現になるが本当に格好良かった。
 スタンドのファンも皆同じ気持ちであったと思う。あんな競馬場の雰囲気なんて初めて違うかなぁ。
 引退式の模様をここに置いておきます。ジョッキー達による記念写真撮影はやはりミキオJの人徳のなせる業なのでしょうね。mikio1 mikio2
 
 と言う訳で、今日はメチャクチャに感動して松永幹夫劇場を堪能して参りました。
 27500円分、十二分に感激してきました、アハハ。ホント、あんだけイイもん見せてもらって魅せられてきたんやからお金で買えない物がありました。
hankyu _026 bule  では今日の阪神のメイン、阪急杯から行きましょう。
 15頭居たけど、勝ち負けになりそうなのは4頭だけ。
 内からビッグプラネット、オレハマッテルゼ、コスモシンドラー、コスモサンビーム。
 この中で+12kgで出来すぎてるようにも見えたが、追い切り超抜やったコスモサンビームから買った。
 ハナを切れたらビッグプラネットが粘ってもおかしくはないので、ここからもタテ目押さえた。
 最後まで迷ったのはオレハマッテルゼやけど、あまりオッズ的に美味しい馬券でなかったし、そもそも1番人気になるような馬ではないし、重賞勝てるのなら大好きな東京でとっくに勝ってるはず。それに善臣Jが阪神来て勝つ事なんてちょっと想像しにくい、なのでバッサリ消した。しかしそれじゃあ買う馬が無くなっちゃうので雨がダメとは知りつつ、もしも2着に来られたら悔やんでも悔やみきれんのでタマモホットプレイを買った。
 レースはビッグプラネットがまさかのローエングリンに出負けしてこの馬は早々に終戦。
 コスモサンビームはちょっと位置が後ろすぎると思ってたが、一瞬上がってきた同じコスモのシンドラーに目を奪われて、後はブルーショットガンの末脚爆発に興奮してたんで競争中止になってたのに気づかなかった。ラジオの実況もミキオJのあまりにも劇的な勝利に忘れられてた。一体その後どうなったんでしょうか? この馬場では難しいものがあったのかしらん、気になります。
 今日は不良ということもあったのでしょう、パンパンの良馬場ならばまた違った競馬になると思います。
 と、自分の負けを正当化(笑)。次、次!

_024  って言っときながら次に行っても仕方ない中山記念。
 12頭の小頭数でこの組み合わせで紛れがある訳ないと思ってたが、最強のG2馬が居たのを忘れてた、っつーか眼中になかった。
 ここでの狙いはカンパニー。とにかく京阪杯の勝ち方が圧巻、休み明けでも逆らえないでしょ。外目の枠もいいし。
 対抗はダイワメジャー、先行するなら内目の枠もいいし(笑)。
 で、当初はここにグレイトジャーニーを穴で買って、それでイイやと思ってたけど、よーく考えりゃグレイトジャーニーがこのメンバーで勝ち負け出来るとは思えんので考え直して、となるとハットトリックになった。なーんでか? オッズがだだ下がりやったから。
 なのに勝ったのはバランスオブゲーム…。しかも逃げ切り勝ち、さらに言うと坂を駆け上がってからダイワメジャーを突き放すワンサイドゲーム、バランスじゃないんですよ! ワンサイドです(もうええっちゅーねん)!
 ハットトリックは向こう上面から手応え怪しかった、あそこから追っつけて行って直線で…な訳ありません、あり得ません(笑)。59kgも小回りコースも坂も1800mも雨も久々も全てが適わなかったんでしょう。まさかのブービー負け。
 本命カンパニーはスタートはそこそこも道中良い位置に付けて直線も開いてたし、あの末脚炸裂か!? と思ったが不発、雨で湿ってたんでしょう(何かしょーもないオチばっかやなぁ)。
 そこで3着に入ったエアメサイアは昨日の腕の話やないけど、さっと先行集団に取り付く辺り、ユタカJの腕としか言いようがない、見事です。
 ユタカJと言えばやはり最終Rの乗り替わりが印象的でした。テン乗りでしかも直線、前が壁になってもキッチリ抜けだして勝つ。まぁ勝つ馬に乗ってたってのもあるけど、代役で勝っちゃうんやから、ワタシが馬主やったら松岡Jには悪いけど、次もユタカJにオファー出すなぁ。
 話が前後するが、カッチー、中山記念であんな競馬するんやったらどうして水仙賞でやってくれんかなぁ。あの馬場でケツから行っちゃってさぁ。ま、あの失敗があったから中山記念勝てたんやろうけども。このレースもユタカJのペースを見てとっての必殺のまくりにやられた訳やからホントにユタカJは天才です(あらっ、またユタカJ賛歌になってる・笑)。
 とにかくここもハズした訳です。

 本日:0勝11敗!!! ▲27500円!!!

 今日の嘆きの馬券(新コーナーです・笑):中山10R木更津特別。当初ユーイチJのキープクワイエットから5点買うつもりで居たが、このレースまでに負けがずいぶんこんでたので、それとよーく考えてみりゃヴンダーとか居んのに、牝馬限定戦で勝ちきれないこの馬が勝てるんかなぁ?ってワタシらしくなく消極的になってしまい買わなかったら来た。馬単9870円×500円の失敗。昨日の買い忘れの7440円に続いてキッツイ失敗です、嗚呼!
 あと阪神9RのすみれS、ナンボなんでも、あのナイアガラの体当たりは納得いかん。パトロ-ル見たが、横っ飛びしてぶつかっとるがな。降着でしょーが、たまりやん。

 話は変わって来週は弥生賞ですが、関東馬の強いと思われてる馬はどうして出てこないのでしょう? 
 ジャリスコライトなんて京成杯から直行やってぇ? 負けるのがよほど怖いのかな? 同じくショウナンタキオンも。
 アドマイヤムーンですらサクラメガワンダーが出ても叩いて行くし、変則3冠狙うフサイチリシャールですらスプリングS使うんでしょ? なのに何で使わんの?
 こんなんでクラッシックなんて勝てる訳ないよ、悪いけど。関西馬がそんな使い方するんやったらワタシは真っ先に反対の声上げるけどなぁ。如何でしょう、奇特にもこれ見られた関東の競馬ファンの方?←決してケンカ売ってる訳じゃないんです(笑)

 ま、余所は放って置いて、とにかくワタシは自分のこと。
 何とかこの悲惨な流れを2月で逃がして3月で去らして良い運気を引っ張ってきたいもんです。ワタシに競馬の神は降りてこないのか!? もそっと真摯な態度で打ち込もうっと。
 
 

|

« 今日は騎手の腕でしょ! アーリントンC、ハズレ馬券解説 | トップページ | 2月の収支 »

コメント

余計なお世話ですが、中山最終乗り替わりの武豊JKはテン乗りではありませんよ。

投稿: おはつ | 2006年2月26日 (日) 20時04分

ホントですね、一昨年の10月の阪神でユタカJが乗って勝ってますね!
素早いチェックありがとうございます(笑)。
いやー、とにかくユタカJは凄いです(馬券は別ですけど)。

投稿: 日月 | 2006年2月26日 (日) 20時10分

日月さん、今月は負けに負けてしまった月になってしまいました( ̄□||||!!おそらく、このBlog始めてから、史上最悪の回収率に収まりそうです(ーー;)
皐月賞は、僕も関西馬の独壇場になりそうな気がしてます。ただし、桜花賞は関東馬が勝ちそうな気がしてるんですけど。

投稿: 魔神 | 2006年2月26日 (日) 21時55分

魔神さんこんばんはー。
ワタシもこの土・日でエラいことになってしまいました(涙)。
今週は修行僧のような生活をしようかな。
桜花賞、タッチザピークも居ますし、昨日のフサイチパンドラも居ますし、サンヴィクトワールも居ます。負けませんよ、関東馬には(笑)。
しかしまだまだ決め手に欠けてますね、桜花賞は。

投稿: 日月 | 2006年2月26日 (日) 22時07分

日月さん、夜分に失礼します^^
ミキオ騎手の引退式をライブで見ていたのですね。うらやましい~です。
私はWINSのモニターで見ていました。
これで引退なのですよね。寂しい限りです。
来週からは新人騎手もデビューですか。岩田騎手もJRA騎手としてデビュー。
去る者、来る者…色々と動きがありますね。

投稿: いちご一恵 | 2006年2月27日 (月) 01時10分

岩田J、楽しみにしてます。
それに付随して、他のJのがんばりにも期待してます。
新人Jでは船曳Jですね、スポニチではえらくお世話になりましたので。
もう3月なんですねぇ(しみじみ)。

投稿: 日月 | 2006年2月27日 (月) 10時42分

コメントありがとうございました。
先週は忙しく更新もしていなかったのですが読んで下さってありがとうございます。

久々に気持ちの良い馬券が取れました。
と言うよりもバランスオブゲームをひたすら買い続けているのでバランスオブゲームが勝ったら自分の馬券も当たるという仕組みなのです。
しかも過去の重賞勝ちの時はヒモ抜けも無く、もれなく的中と相性も抜群なのです。

年明けから全くと言っていいほど予想が駄目だったのでこれで勢いが付けばと思っていますが…。

自分も松永騎手の天皇賞での姿には心ふるえました。松永騎手だからできた、松永騎手だからこそ画になったのだと思ってます(競馬は競走馬がメインですがそれに携わる人々がいてこそ感動的なものになっているのを如実に表したシーンだったのでは)。

久々の関東馬ワンツーで少し気分が良いです。しかもハットトリック、エアメサイアのGⅠ馬を下したのが嬉しい。

投稿: ころすけ | 2006年2月27日 (月) 19時14分

ころすけさん、こんばんは。
バランスオブゲームと苦楽を共にされてきた訳ですね。
その時々で適性に合わせて割り切って馬券を買うことも大事なんでしょうけど、やはり心ふるわせるには好きな騎手であったり追っかけてる馬だったりと二次的なファクターが重要だと思います。
そういった観点からでも中山記念は羨ましい馬券です。
ミキオJは大好きなジョッキーでしたので有終の美を飾ってくれて、そして皆が良かったと言ってくれて、何の関係もないただの一ファンですが誇らしい思いであります。
来週からまた趣も変わるのでしょうが的中していきたいですね。

投稿: 日月 | 2006年2月27日 (月) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8847726

この記事へのトラックバック一覧です: ミキオJ、お疲れ様でした! 阪急杯&中山記念ハズレ馬券解説:

» ミキオ騎手のラストサプライズ!(中山記念・阪急杯回顧) [いちご一恵の勝ち馬日和]
本日は、中山で中山記念、阪神で阪急杯が行われました。 本当は、中山記念の回顧をメ [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 01時03分

« 今日は騎手の腕でしょ! アーリントンC、ハズレ馬券解説 | トップページ | 2月の収支 »