« 自分に腹立つハズレ馬券解説 | トップページ | シンザン記念ハズレ馬券解説 »

2006年1月 8日 (日)

ガーネットSハズレ馬券解説

 今更ながら、武豊ってのは天才ですね。
 特別戦から最終まで4連勝で一日7勝、2700勝も通過点、まさに乗りに乗ってる(いつもか)。
 これではワタシの馬券は当たりません、困ったこっちゃ。
 かたや悪循環極まれりのユーイチJ、突くところは馬群真っ直中やったりと未だ勝ててない、これまた困ったこっちゃ。ケガがまだ癒えてないのかしらん? けど騎乗してるからには言い訳にならんし、とにかく早く1勝、ガンバレ、我らがユーイチJ!

nakayama  っつー訳で唯一の重賞、ガーネットS。
 ブルーコンコルドの+15kgで外れる予感はたっぷりした。
 さすがにこれでは買えん、なら思い入れで心中馬券しかない。陣営はここを叩いて根岸Sと言ってたけど行くしかないでしょ、テイエムアクション。
 馬体重の増減がひどく多かったのでハッキリ言って当たる気は全くなかった。
 けど、テイエムアクションは好発決めて、直線向いた時、いつもの脚が使えたら!?って思ったけど、全然弾けなかった。やっぱ次の根岸Sですね、トホホ。
 勝ったのはちょっとびっくりリミットレスビット。本来のテイエムならあれくらいの脚は使えたはずやねんけどなぁ。
 ま、鋭い差し足でした。
 2着はワタシの動体視力でも見間違えたシルヴァーゼット、どう見てもコパノフウジンのように見えたんやけど。
 ブルーコンコルドはここを落としても悲観する内容じゃ全然無い。むしろ叩いて次回からフェブラリーまで調子は上がる一方でしょう。東京の長い直線ならブルコンのまくり炸裂しても何ら不思議はない。
 ダート戦線はこれから盛り上がりそうです。
 カッチー、おめでとう。しーかーしー、関西馬の1-2-3やったことだけは付け加えておこう(殺されるな、そろそろ)。
 さらに言うと明日のシンザン記念に関東馬の参戦無し、なんだかなー。

 本日:2勝5敗▲9650円/21000円

 今日の当たり馬券は京都と中山の最終でした。ユタカJ、最終くらいは譲ってくれよー! 押さえだけでした。
 今日も負けた訳なんですけど、帰りのスーパーでいつもワタシが常食してるお米(きらら)が5kg1480円で売ってたんですよ! 見た瞬間、家にまだお米残ってるのに買っちゃいました。帰りのサイクロン号にお米はとても不釣り合いでしかもメチャ重かったけど、小さな幸せでした(笑)。いやー、良い買い物やった。

 最後に、シンザン記念9頭立てってショボ!
 ユーイチ勝てよ! あ、言っちゃった(笑)。

|

« 自分に腹立つハズレ馬券解説 | トップページ | シンザン記念ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/8061250

この記事へのトラックバック一覧です: ガーネットSハズレ馬券解説:

« 自分に腹立つハズレ馬券解説 | トップページ | シンザン記念ハズレ馬券解説 »