« 阪神牝馬S&フェアリーSハズレ馬券解説 | トップページ | せっかく有馬記念ですから »

2005年12月19日 (月)

新福菜館

_026  今日は金閣寺の近くの大学にあいさつ回りで行きました。やっぱ京都は「京都」してますよねぇ。画像は京都タワーです。
 時間もなかったんで、せめてラーメンだけは、と、その大学の少し上に美味い店があるんですけど、なにせ中途半端な時間やったもんで、開いてなかった。
 それではと、一乗寺(武蔵と吉岡一門が決闘した下り松のあるところです)にもう一回食べたい店があったので行ったが、そこものれんが中にしまわれてた。
_028 _027  んじゃ、最後の切り札でしょ、ここ「新福菜館」さんです。行ったのはこないだの秋華賞以来。
 麺も旨けりゃこの真っ黒けのスープも旨い、おまけにチャーシューがまた醤油の香ばしい香りでたまらんのです。お昼は食べてたので3時のおやつ(にしては重すぎるが)と言うことにして食べた。さすがに(並)600円でした。
 特大になるとそれぞれ量が増えて、更に真ん中に生卵が載る、も、サイコー!
 しかし、そんな中途半端な時間にもかかわらず相変わらず混んでる店でした。
 ちなみに焼きめしも独特ですんで京都に行かれる方は是非どうぞ。JR京都駅から東に徒歩3分、すぐ見つかります。
 もっと寒いかと思ってたけど、それほどではなかった京都でした。

 しかし、昼飯食べてる時にサンスポ読んでたんやけど、1面でディープインパクト有馬記念制覇まであと6日、みたいな記事載ってた。をいをい、競馬はディープインパクトだけでやるんじゃねぇ、っつーの。
 こうなると何とかしてギャフンと言わしてやりたいんだがなぁ、ま、ギャフンと言わされるんやろうけど(苦笑)。

 家にJRAから郵便物が届いてて、JRAの新サービスの案内と競馬場&ウインズマップに来年のレーシングスケジュールに何故か岡部幸雄が語る「有馬記念」名勝負、ってなDVDが付いてた。
 ありがたいんですけど、グリーンチャンネルにもちょっと力入れてくれや、JRAさんよぉ。
 そのDVDに特典として三冠ダイジェストディープインパクト、ってなもんまで付いてる。
 何が何でもディープインパクトな訳ね、どうにも乗り切れないのはワタシだけでしょうか、そんなはずないよねー。ワタシ的にはかなり暑苦しく思ってます、マジで。

 追記:今ブックの「村上和己の編集員通信」でディープの件を取り上げてく入れてるので、内容からも少しは溜飲の下がる思いである。
 村上さん、ラジオ復帰せん…のやろうなー。残念。

|

« 阪神牝馬S&フェアリーSハズレ馬券解説 | トップページ | せっかく有馬記念ですから »

コメント

夜分遅くに失礼しま~す(笑)
スポーツ新聞はどこもディープ一色でしたね。
日刊スポも昨日のアドグルよりもディープを持ち上げていました。なんだかなぁ。
正直、JRAのディープの持ち上げ方はどうかなぁと。有馬でディープを勝たせるための八百長があっても不思議ない…と勘ぐってみたり…

おっと、話がネガティブに向かっている、ヤバイヤバイ。でも、馬券に絡めないと痛い目にあうんでしょね。さて、どう買いましょうかねぇ。

投稿: いちご一恵 | 2005年12月19日 (月) 23時50分

いえいえ(笑)。
それこそディープの単勝って何倍くらいなのかしらん? 1倍台突入するようだと駄目だこりゃ、ですけどねー。
いろいろ考えさせられる有馬記念になりそうですね。

投稿: 日月 | 2005年12月20日 (火) 00時57分

こんばんは。
コメントありがとうございました。

有馬記念で大穴は難しそうなので他のレースでしょうか。

自分もJRAとマスコミのディープインパクトの扱いには大いに疑問を感じています。

投稿: ころすけ | 2005年12月20日 (火) 20時10分

ころすけさん、こんばんはー。
ワタシもグリーンチャンネルの有馬記念のリプレイを見るにつけ、オグリとテイオーの有馬だけは涙がちとだけこぼれちゃいます、だって男の子だもん(寒っ!)。
ホントにあのテイオーの有馬記念だけは成貴が乗ってくれてて良かったです。
もちろんトップガンも。
まぁ、あの馬が勝ったら勝ったで盛り上げてくれたらそれで良いんですけどね。ちゃんと一面で責任持って。
ホントいろいろ思う今回の有馬記念です。

投稿: 日月 | 2005年12月20日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/7700095

この記事へのトラックバック一覧です: 新福菜館:

« 阪神牝馬S&フェアリーSハズレ馬券解説 | トップページ | せっかく有馬記念ですから »