« 鹿児島日記その3(「ラーメン鷹」登場) | トップページ | 天皇賞ハズレ馬券解説 »

2005年10月29日 (土)

武蔵野Sショボ当たり&スワンSハズレ馬券解説

昨日の大雨は何とか止んで徐々に天気は回復。
 昨晩は鹿児島に行ったら必ず寄ってるベタな店ではあるが「焼酎天国」で呑んでました。ここの揚げたての「つけあげ」はサイコーなんです。
 焼酎も黒麹や白麹なんかとっかえひっかえ呑んでた。
 で、昨日の魚のお勧めが屋久島で獲れた鯖の刺身やったんです。美味い魚と言われたら断わる訳も無く注文したんですけど、驚くべきことに生のニンニク下ろしたのが添えられてた。カツオじゃないのに!? 店の方に尋ねてみると、鯖にニンニクは普通なことだそうで、美味いから、と言われて妙に納得して食べた。鯖自体が美味かったので普通の醤油(ここは甘くない醤油でした・笑)でも良かったと思うが、ちょっと珍しくて良かった。つくづく文化が違う。
 がーっ! その生ニンニクのおかげで、自分のニンニク臭で夜何度も目が覚めてしまった。ノドも渇くし(これは酒との相乗効果ですが)、ニンニクの摂りすぎには注意しましょう、ってそないに生で食べる人居ないわな。
 
 もう鹿児島でやる仕事はないので、朝ちょっとお土産買い足しにJR鹿児島中央駅へ。
 ここでようやっとスポーツ新聞購入。
 しかし、ちんたらやってる暇はない。何せ450km走って小倉まで行かねばLIVEで競馬中継が観れない。特別戦には間に合いたいので14時には小倉に行きたい。
 途中休憩入れても5時間はかかる距離やもんなぁ。
 
IMGP8558  熊本から福岡、そして小倉と走りきった訳ですが、小倉競馬場に行くと特別に間に合いそうになかったので、急遽WINS八幡に変更しました。
 しかしここでお怒り一つ。スペースワールドと同じ駐車場なのは分かるが一回停めるだけで800円ってぼりすぎじゃねーの!? 小倉競馬場でも500円やのによぉ。それにそないにたいした施設じゃないし、ちょっと納得いかんぞ。

IMGP8564  さておき、今日の両メイン、まずは武蔵野Sから。
 追い切り等全く情報無かったので慌てて食い入るように新聞を見る。
 カネヒキリの+7kgってのが引っかかった。それにそもそもここはかなり相手が強い。距離も1ハロン短いような気もしたし、負けるのならここでしょ。
 けど、そこで何で追っかけてたサンライズバッカスじゃなくてトウショウギアに行っちゃうかなぁ? 距離が短くなって良いのはサンライズバッカスで距離が伸びて不安なのはトウショウギアやったのに…。
 結局1200mの競馬をしてしまったトウショウギアはあえなく沈没し、スタートはカネヒキリ同様そんなに良くなかったけど、最終コーナーで内回ってロス無く追い上げたサンライズバッカスが勝った。
 カネヒキリはいくら東京の長い直線でもあの位置取りで外回っては届かんでしょ。ダービーGPではサンライズの前に居たから勝ったけど(距離の2000mってのもあるけど)逆のポジションでは同じ上がりを持ってるサンライズには勝てん。
 しかし並み居る古馬を一蹴してしまったんやからこの2頭は抜けてるなぁ。勝ちタイムも1分35秒2と優秀でしたし。
 でもJCダートとなったらまた話は違うんやけどね。
 
 結果:420円×1000円=4200円

 ずれてるよなぁ、我ながら…。

 スワンS。
 このレースは骨折休養してたとか、距離不足やとか、最内枠やとか、そんなの関係ない。ワタシにとっては出れば本命馬なんです、サイドワインダー。
 1週前やったか2週前やったか? 忘れたけど、調教かなり動いてたのでいきなりでも勝てるやろうと思った。相手も簡単、コスモサンビームとニューベリーとギャラントアローで良いと。
 コスモはやっとベストな距離やし、ギャラントアローは前走でようやくダッシュ力が付いたような感じがしたし、ニューベリーはいつもこの馬軽視して冷や冷やさせられてるから、今回は積極的に買ってみようと思った訳。
 しかしフルゲートで3点買いで当たるほど簡単なレースなら1番人気のサイドワインダーの単勝が5倍以上も付かんでしょ。
 なので穴っぽいところと有力どころへ流した。
 連覇あるか? 無いと思うけどタマモホットプレイ、-8kgとは知らなかったよデアリングハート、ノド鳴りホンマか? ペールギュント、もう一発無いか? リキアイタイカン、ここまで手を広げた。
 結局最内枠が堪えたし、距離不足もあった。ギャラントアローもビッグプラネットも速いから追走に脚使う。4角入り口で一瞬詰まったのも響いたか? あの位置ではこれもロス無く回らねば勝ち目は無い。騎乗自体は悪くなかったと思う、勝ちに行った訳やから。
 しかし外回って満を持して追い出したコスモサンビームに屈してしまった。
 サイドワインダーが差し届かずの2着ならば分かるが差し切られての2着とは参った。
 しかしこれは仕方ないっつーか、納得する敗戦でしたね。配当は惜しすぎたけど、ちきひょう。
 驚いたのはウインクリューガーの3着とあの最後方からあわやの4着まで追い上げたマイネルハーティーでした。まぁ、2頭とも気分屋なんで次走期待っちゅう訳にはいかんと思うけど。
 
 本日:3勝2敗△10240円/21000円

 今日の他の当たり馬券は京都9Rのフサイチリシャールの馬単、京都最終のウェルバランスの馬単でした。しかしフサイチリシャールってずいぶん甘く見られてたんですね、まぁワタシも前回同様楽逃げからの瞬発力勝負になるとは思ってなかったけど(笑)。

 明日の天皇賞、予想のポイントは騎手のモチベーションの高さと言いましたが、哲J、今日ダート界のディープインパクトことカネヒキリを倒しちゃったことで満足しないで欲しいなぁ。
 もう一丁!の気持ちで勝負して欲しい。
 まだ買い方は決めてないけど、軸馬は決まりました。
 気持ちの良いレースを見せて欲しいもんです。

 最後に、小倉寒ぃよ!

|

« 鹿児島日記その3(「ラーメン鷹」登場) | トップページ | 天皇賞ハズレ馬券解説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/6727209

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野Sショボ当たり&スワンSハズレ馬券解説:

« 鹿児島日記その3(「ラーメン鷹」登場) | トップページ | 天皇賞ハズレ馬券解説 »