« セントウルS&京成杯AHハズレ馬券解説 | トップページ | 小倉日記その3(「月天」・「とん」登場) »

2005年9月12日 (月)

小倉日記その2

 いやあ、ワタシが酔っぱらってる間にも世の中凄いスピードで動いてるんですね。
 自民党圧勝かぁ、少なくともワタシの民意は反映されなかった訳だ。ま、いいけど。

 話は昨晩にさかのぼるが、昨日はケチョンケチョンにやられたもんで、駅の西すぐにある立ち呑み屋さんで呑んでたの。するとしばらくして、いかにもな強面のおじいさんが三人入ってきた。そのうちの一人がえらく酔って絡んでた、結局そのじいさんは一杯呑むか呑まんかですぐ出ていったんやけど、それを慌てて一人のじいさんが追いかけた。で、その時はずみで小銭落としたの。その小銭が隣で呑んでたワタシの方に転がってきた。それを拾ってじいさんに手渡したんだが、受け取ったおじいさんの手、左手の小指が無かった…。

kokurazyou  さてと、今日は北九州市役所に行ったんですが、小倉城と松本清張記念館とセットになってるんですね(笑)。小倉城久しぶりに来たけどこんなんなってたとは知らんかったなぁ。
 お城は天守閣を眺める程度で記念館は500円払って入った。なかなか充実してたと思う。
 けど、実は松本清張ってあんま読んだことないんよねぇ。
 デビュー作の「西郷札」と古代史を検証した「清張通史」くらいか。しかしこの「清張通史」、あまりに内容が難しすぎて一冊読むのに一ヶ月はかかる。読んでる尻から訳分からんようになって前のページに戻り、分からんからすぐ現実逃避したり他の本読んだりの繰り返し。
 だけどもっと普通?の松本清張読んでみよっかな、って気になったね。

 kokuraeki  JR小倉駅に隣接してる競馬場に行くモノレールではすでにG1です。
 なんか季節感ないよなぁ、だいたいスプリンターズSは冬にやるもんでしょーが。
 とりあえずは週末は阪神に戻りたいワタシでした。

 ささ、呑みに行こうっと。

|

« セントウルS&京成杯AHハズレ馬券解説 | トップページ | 小倉日記その3(「月天」・「とん」登場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/5909435

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉日記その2:

« セントウルS&京成杯AHハズレ馬券解説 | トップページ | 小倉日記その3(「月天」・「とん」登場) »