« 新潟大賞典&京王杯SCハズレ馬券解説 | トップページ | 讃岐うどん新規開拓その2 »

2005年5月16日 (月)

讃岐うどん新規開拓

azimitei ichiya pi-su 今年遅ればせながら2回目の香川県訪問。前回が3月21日にへっぽこVespaで行ってからなのでワタシ的にはちょっとご無沙汰である。ちなみにその前は昨年の12月30日のさよならうどんでした(笑)。
「讃岐饂飩巡礼八十八箇所」が無くなったのでこの時期ずいぶん余裕ですねー。最近はもっぱら新規開拓に専念しております。有名店はいつも並んでますんで、他で美味しいとこ探そー、って気分もあるし(単に並ぶの嫌いなだけとも言う)、今で250軒は食べてるかな? なのを早く300軒と声を大にして言いたい訳です(笑)。
 しかし関西から行くといつも難儀な思いするのが交通手段。今回は栗東に住む相方と一緒だったので必然車になったのですが、それでも三宮発のジャンボフェリーは0時半に出ると高松着4時20分くらい、どうにも使い勝手が悪い、特に日曜。土曜ならば観音寺の「岩田屋」さんに行って「上杉」さんに行く黄金コースで丁度ピッタリなフェリーも日曜では「岩田屋」さんお休みやがな。かといって車で走って行くなら高松まで2時間半、8時から食べて廻ろうかと思うと5時半出発やから5時起きか。とてもとても大変。一応「讃岐うどん遍路」で日曜の早朝からやってる店を検索して行ったけど、やってるはずの店がやってなかったりでやっぱ時間持て余しましたね。
 最初に行ったのがさぬき浜街道で丸亀にある「まごころ」さん。久しぶりに行ったけど、6時からと書いてあるのに5時半から開いてるなんてホンマにええ店や(涙)! 丁度一発目の茹でたてで、(中)にゲソ天で270円に90円。最近のワタシのマイブームで完全セルフの店では最初うどん玉だけもらって、しょうゆかけて少し食べて冷やの感触を楽しんだ後、熱い出汁をかけるのが定番(行儀悪いけど)。一発目から幸先良いスタート。土曜日やったら「オビカ」さんに行くところやねんけど。
 で、今回の新規店その1が丸亀の「味見亭」さん。待ちくたびれたとばかりに開店と同時に入ったが少し待って下さいとのこと。強面のお店の方に多少びびったが(笑)、待ちます待ちます! 注文したのはひやかけ(大)200円(画像参)、出汁もワタシ好みのいりこアッサリ系でこれで200円で良いのって感じ。毎日でも食べたい!って今回一番のオススメ店かなぁ。
 3軒目も丸亀の新規その2の「一屋」さん。朝からお客さん一杯。天ぷらまさに揚げてるところやったんですけど、この先考えたら(大)も天ぷらも食べにくい。実際、(中)+ゲソ天、さらに(大)で実はお腹一杯やったし。それに朝から暑いのです! なのでかけも注文しにくいし、うどんは冷やで食べるもの! と定義してるワタシはお出汁も残すの嫌なんで全部はキツイ(そこで相方の登場! 彼はいつもかけを頼むんで、いつも一口くれと2度美味しい思いをしてる、だから一人で行くと辛い)。結局ざる(小)(画像参)を頼んだが150円とは破格の値段やと思う。麺も最近では無い剛麺の極太麺やと思う。相方は釜玉頼んでまして一口いただきましたが美味しかったです、う~~~ん、2度美味しい!
 そこで8時は過ぎてたんですが、「宮武」さんに行っても混んでるだろうから、次に行こうとしてる「ぴ~す」さんの流れで「丸幸」さんに行きました。何のかんのと3度目の訪問です。OPEN時に行った時はこんな場所で…と思ったものでしたが、要らぬ心配でしたね(笑)。「宮武」さんのように不揃いでこそないものの、しっかりした麺とお出汁でひやひやを堪能しました、(小)180円。
 そこから流れで行ける「ぴ~す」さん新規3軒目(画像参)。ぶっかけがオススメとのことでしたんで、冷やしぶっかけの(小)270円をいただきました。美味しかったですけど、最近嗜好が変わってぶっかけの甘ったるい(失礼)出汁より普通のお出汁の冷や、無ければ硬派で醤油が好みなんです、もちろんレモンは不要! なのですが、以外と冷たいお出汁の店が少ないようで、そうするとざるかぶっかけにならざるを得んのです。普通のセルフの店やと普通にかけ頼むとお出汁までかけてくれるんでそれもちと困るんです。と、ここでセルフの是非論を語っても仕方ないんですけど(笑)。あ、ちなみに相方はやはりかけ食べてました、アハハ。大根おろしたっぷりで正統派うどんとお店のメルヘンちっくなミスマッチが面白かったです。

 何かヨッパになってきたんで本日はここら辺でお終い。

|

« 新潟大賞典&京王杯SCハズレ馬券解説 | トップページ | 讃岐うどん新規開拓その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100219/4157887

この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐うどん新規開拓:

« 新潟大賞典&京王杯SCハズレ馬券解説 | トップページ | 讃岐うどん新規開拓その2 »